人間が食べられるドックフード

人間が食べられるドックフード

自分が怖くて食べられない物を家族である愛犬、愛猫に食べさせますか?

 

人間の寿命もワンちゃん、ネコちゃんの寿命も昔の倍ぐらいになっていますね。

 

長く生きればそれだけ病気になるリスクも増えてきます。

 

だからこそ自然な食べ物、自分が食べても怖くない食べ物を家族にも与えてあげて下さい。

 

いちばん大切なのは健康です。

 

 

原材料が100%表記していない

 

 

酸化防止剤、防腐剤

 

 

合成保存料、合成着色料

 

 

これらが使用されているペットフードは肝臓、腎臓にダメージを与えます。

 

内臓が添加物を解毒しようとしますが化学物質のため蓄積するためです。

 

少なからず上の3項目のうち1つでも当てはまるペットフードは与えるべきではありません。

 

しかし、メーカーも大きいメーカーほどハッキリとは表記していないのが現状です。

 

何%までは表記義務が無いという逃げ道があるからです。

 

例えば酸化防止剤はエトキシキン、BHA、BHT

 

保存料はソルビン酸、ソルビン酸カリウム、パラオキシ安息香酸

 

着色料は赤色○○○号、黄色○号、緑色○号など

 

にごして表記してありますので、犬や猫を初めて飼う人は何のことが書いてあるのか

 

解らないように表記しています。見えてるけど、隠されてるイメージです。

 

私のサイトをここまで読んでくれた愛犬家、愛猫家のために

 

見破るコツを教えます。

 

カタカナ、アルファベットです。

 

 

 

 

トップページ

関連ページ

良いドッグフードとは
良いドッグフードとは簡単にいうと人間が食べても大丈夫かどうか?日本の大手メーカーに問い合わせるとそこまで自信のあるメーカーは有りません。しかしペットフード先進国のイギリス、オーストラリアのメーカーは人間が食べても大丈夫という自信をもって作っています。良いドッグフードは100%天然の材料です。
危険なドッグフード
良いドッグフードと危険なドッグフードの違いについて書いています。良いドッグフードには良い材料が、危険なドッグフードには粗悪な材料が使われています。
犬と猫の自然治癒力を高めます
本来食べるべき自然食品ですから犬の自然治癒力を高めます。健康を害する物を食べると病気になりやすくなります。天然の良質な素材でワンちゃんの健康と命を長持ちさせましょう。
ナチュラルドッグフード
ナチュラルな素材で作ったペットフード専門店です。人間が食べても大丈夫な原材料で作っています。ナチュラルとは「自然」という意味です。自然食品で作ったドックフードです。