健康を第一に考えた天然素材

危険なドッグフード

あまりにも安いドッグフード(例えば10kgで千円台で売ってるようなもの)は

 

粗悪なものだと考えて間違いないです。

 

冷静に考えれば解りますが原価はその半額以下です。

 

 

 

食肉処理場は、レンダリング工場に多くの原料を提供しています。

 

安いペットフードには4Dミートが使われています。

 

【4Dミート】とは死んだ家畜や病気で殺傷処分となった肉を加熱処理します。

 

 

 

一般的にはあまり知られていませんが

 

畜肉には4Dと呼ばれる食品不適格品があります。

 

4Dとは人間の食用として使用することを禁止された

 

Dead(死んだ動物の肉)

 

Dying(死にかけていた動物の肉)

 

Disabled(身体の一部に障害のある動物の肉)

 

Diseased(病気の動物の肉)の頭文字をとったものです。

 

 

 

1粒でもご自身で食べれますか?

 

原材料の副産物とは、ひづめとか くちばしとか血とかも含みます。

 

要するに、人間の食べない、病気で死んだ家畜

 

使えない部位が食品会社の関連会社であるドッグフード会社に廻されます。

 

 

 

それを工場で加熱処理します。

 

そうすると脂肪や獣脂が浮いてくるのでこれを取り出します。

 

これがドッグフードに含まれる動物性脂肪の元になります。

 

残った肉カスは加圧して水分を搾り出し、肉骨粉となります。

 

これにビタミンや必要な栄養素を添加して日本のペットフードの栄養基準をクリアします。

 

 

 

原材料の表示を見て下さい。犬はここが読めません。

 

飼い主様が読んで安全な食べ物を選ぶしかありません。

 

ミートミール、肉骨粉が使用されていませんか?

 

牛肉副産物、鶏肉副産物など何かの肉の副産物で作られていませんか?

 

 

 

原材料は使用の多い順に表示しています。

 

例えば穀類、トウモロコシの順に書いてあれば穀類中心のフードとなります。

 

さらに肉類はミールやエキス、パウダーばかりです。本物の現物ではありません。

 

みそ汁でいうと粉末の(だしの素)です。

 

 

 

ひどい物では着色料まで入っています。

 

これは飼い主の目を喜ばせて販売に繋げています。

 

形もそうです。飼い主が喜ぶ形に作られているのです。

 

日本のペットフードの基準がゆる過ぎるのです。

 

ホームセンターなどに売ってるような安いドッグフードは避けるべきです。

 

 

 

 

 

                     

トップページ

 

ナチュラルドッグフード

関連ページ

良いドッグフードとは
良いドッグフードとは簡単にいうと人間が食べても大丈夫かどうか?日本の大手メーカーに問い合わせるとそこまで自信のあるメーカーは有りません。しかしペットフード先進国のイギリス、オーストラリアのメーカーは人間が食べても大丈夫という自信をもって作っています。良いドッグフードは100%天然の材料です。
犬と猫の自然治癒力を高めます
本来食べるべき自然食品ですから犬の自然治癒力を高めます。健康を害する物を食べると病気になりやすくなります。天然の良質な素材でワンちゃんの健康と命を長持ちさせましょう。
ナチュラルドッグフード
ナチュラルな素材で作ったペットフード専門店です。人間が食べても大丈夫な原材料で作っています。ナチュラルとは「自然」という意味です。自然食品で作ったドックフードです。
人間が食べられるドックフード
自分が怖くて食べられない物を家族である愛犬、愛猫に食べさせますか?人間の寿命もワンちゃん、ネコちゃんの寿命も昔の倍ぐらいになっています。